市村 泰一(読み)イチムラ ヒロカズ

20世紀日本人名事典の解説

市村 泰一
イチムラ ヒロカズ

昭和期の映画監督



生年
大正14(1925)年8月19日

没年
平成1(1989)年3月18日

出生地
長野県須坂市相之島町

学歴〔年〕
上智大学新聞報道科〔昭和22年〕卒

経歴
15歳の時から大学卒業まで藤間宗家の書生となる。昭和24年松竹京都撮影所に入社。大曽根辰夫、斎藤寅次郎渡辺邦男などの監督作品約50本で助監督を務める。36年アクションコメディ「快人黄色い手袋」で監督デビュー。37年大船撮影所に移り、松竹と正式に監督契約を交わす。主な作品に「喜劇・団地親分」「舞妓はん」「坊ちゃん」(坂本九主演)「土方歳三燃えよ剣」(栗塚旭主演)など。舞台演出も手がけた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android