コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市村 羽左衛門(17代目) イチムラ ウザエモン

20世紀日本人名事典の解説

市村 羽左衛門(17代目)
イチムラ ウザエモン

大正〜平成期の歌舞伎俳優 市村座座元;日本俳優協会会長。



生年
大正5(1916)年7月11日

没年
平成13(2001)年7月8日

出生地
東京市

本名
坂東 衛

別名
初名=坂東 亀三郎(3代目),前名=坂東 薪水(7代目)(バンドウ シンスイ),坂東 彦三郎(7代目)(バンドウ ヒコサブロウ)

屋号
橘屋

学歴〔年〕
根岸尋常小卒,日本俳優学校卒

主な受賞名〔年〕
紺綬褒章,紫綬褒章〔昭和53年〕,日本芸術院賞〔昭和58年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和63年〕,文化功労者〔平成11年〕

経歴
父は6代目坂東彦三郎。大正10年5歳の時、3代目坂東亀三郎を名乗り帝劇の「名月八幡祭」で初舞台を踏む。昭和10年「音羽獄だんまり」で7代目坂東薪水を襲名するとともに名題に昇進。17年7代目坂東彦三郎を襲名。伯父の6代目尾上菊五郎の下で修業を積み、24年菊五郎の死後、7代目尾上梅幸、2代目尾上松緑らと共に遺志を継ぎ、菊五郎劇団を結成。2人の副将格として劇団を率い、脇役の要として活躍した。30年10月歌舞伎座の「石切梶原」の梶原景時で17代市村羽左衛門を襲名。平成3年1月6代目菊五郎直伝の「勧進帳」の弁慶を本公演では42年ぶりに演じ、翌月には「仮名手本忠臣蔵」の高師直と7代目大星由良助を演じるなど70歳を超えてから座頭の役を次々と務め、周囲を驚かせた。戦後歌舞伎を担った歌舞伎立役大幹部の一人。堅実な芸風で、荒事・実事・捌き役・老役・敵役と芸域が広く、古典も新作歌舞伎もこなした。平成2年人間国宝、11年文化功労者。同年肺癌の手術を乗り越え、舞台に復帰した。他の代表的な舞台に「馬盥(ばたらい)」の光秀、「合邦(がっぽう)」の合邦などがある。また、歌舞伎の故実に詳しく、“歌舞伎界の百科事典”と言われ、著書に「十七代市村羽左衛門聞書」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

市村 羽左衛門(17代目)
イチムラ ウザエモン


職業
歌舞伎俳優

肩書
市村座座元,日本俳優協会会長 重要無形文化財保持者(歌舞伎立役)〔平成2年〕,日本芸術院会員〔平成3年〕

本名
坂東 衛(バンドウ マモル)

別名
初名=坂東 亀三郎(3代目),前名=坂東 薪水(7代目)(バンドウ シンスイ),坂東 彦三郎(7代目)(バンドウ ヒコサブロウ)

屋号
橘屋

生年月日
大正5年 7月11日

出生地
東京市(東京都)

学歴
根岸尋常小卒,日本俳優学校卒

経歴
父は6代目坂東彦三郎。大正10年5歳の時、3代目坂東亀三郎を名乗り帝劇の「名月八幡祭」で初舞台を踏む。昭和10年「音羽獄だんまり」で7代目坂東薪水を襲名するとともに名題に昇進。13年陸軍自動車隊に召集。17年7代目坂東彦三郎を襲名。伯父の6代目尾上菊五郎の下で修業を積み、24年菊五郎の没後、7代目尾上梅幸、2代目尾上松緑らと遺志を継ぎ、菊五郎劇団を結成。2人の副将格として劇団を率い、脇役の要として活躍した。30年10月歌舞伎座の「石切梶原」の梶原景時で17代目市村羽左衛門を襲名。平成3年1月6代目菊五郎直伝の「勧進帳」の弁慶を本公演では42年ぶりに演じ、翌月には「仮名手本忠臣蔵」の高師直と7代目大星由良助を演じるなど70歳を超えてから座頭の役を次々と務め、周囲を驚かせた。戦後歌舞伎を担った歌舞伎立役大幹部の一人。堅実な芸風で、荒事・実事・捌き役・老役・敵役と芸域が広く、古典も新作歌舞伎もこなした。63年訪韓歌舞伎に参加。平成2年人間国宝、11年文化功労者。同年肺癌の手術を乗り越え、舞台に復帰した。他の代表芸に「鈴ケ森」の幡随院長兵衛、「盛綱陣屋」の佐々木盛綱、「暫」の清原武衡、鎌倉権五郎、「馬盥」の光秀、「合邦」の合邦などがある。また、歌舞伎の故実に詳しく、“歌舞伎界の百科事典”と言われ、著書に「十七代市村羽左衛門聞書」がある。

受賞
日本芸術院賞(第40回 昭58年度)〔昭和59年〕,文化功労者〔平成11年〕 紺綬褒章,紫綬褒章〔昭和53年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和63年〕

没年月日
平成13年 7月8日 (2001年)

家族
父=坂東 彦三郎(6代目),長男=坂東 彦三郎(8代目),二男=市村 万次郎(2代目),三男=河原崎 権十郎(4代目)

親族
伯父=尾上 菊五郎(6代目)

伝記
松竹大船撮影所前松尾食堂上手な老い方―サライ・インタビュー集 橙の巻 山本 若菜 著サライ編集部 編(発行元 中央公論新社小学館 ’00’99発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

市村 羽左衛門(17代目) (いちむら うざえもん)

生年月日:1916年7月11日
大正時代-平成時代の歌舞伎役者
2001年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

市村 羽左衛門(17代目)の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android