コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市民オンブズマン

1件 の用語解説(市民オンブズマンの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

市民オンブズマン

オンブズマンは「護民官」や「代理人」を意味するスウェーデン語。行政に関する公的な苦情処理制度として始まり、スウェーデンなどでは公的制度で行われている。一方、市民オンブズマンは、自治体の不正を監視したり告発したりする市民組織だ。情報公開監査請求住民訴訟などの手段で行政に改善を要求する。93年に設立した仙台市民オンブズマンが、情報公開請求した公文書から不正を見つける手法を確立した。95年には食糧費公文書開示訴訟を起こし、宮城県は全国で初めて過去の分までさかのぼった全面開示に踏み切った。

(2008-05-04 朝日新聞 朝刊 千葉 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市民オンブズマンの関連キーワードオンブズマン任意代理復代理法定代理子どもの人権オンブズパーソン患者の権利オンブズマンオンブズパーソン護民官代人オンブズマン制度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市民オンブズマンの関連情報