市民法[中世](読み)しみんほう[ちゅうせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市民法[中世]
しみんほう[ちゅうせい]

教会法に対して,『ローマ法大全』に集大成された世俗の法をさす。なお,トマス・アクィナスによれば,市民法は万民法とともに自然法を具体的に実現する人定法として位置づけられ,それぞれの社会の特殊事情に応じて自然法の細目を定めたものとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android