コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市民法[中世] しみんほうちゅうせい

1件 の用語解説(市民法[中世]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市民法[中世]
しみんほうちゅうせい

教会法に対して,『ローマ法大全』に集大成された世俗の法をさす。なお,トマス・アクィナスによれば,市民法は万民法とともに自然法を具体的に実現する人定法として位置づけられ,それぞれの社会の特殊事情に応じて自然法の細目を定めたものとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市民法[中世]の関連キーワードカノン法教会法ゾームローマ法ローマ法大全ユスティニアヌス法典カノン法大全注釈学派パンデクテンローマ・カトリック教会法

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone