コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市浦[村] しうら

1件 の用語解説(市浦[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しうら【市浦[村]】

青森県北西部,北津軽郡の村。人口3073(1995)。津軽半島北西部にあり,西は日本海に臨む。南部は十三湖(じゆうさんこ)が占め,北部は津軽山地北部にあたる山地からなる。十三湖の湖口にあたる十三は,中世には十三湊(とさみなと)と呼ばれ,豪族安東氏の拠点として栄えた。1340年(興国1∥暦応3)大津波をうけ一時衰退するが,近世には鰺ヶ沢,深浦,青森とともに津軽藩の四浦に数えられ,岩木川舟運によって運ばれた津軽平野の米や山地からのヒバの積出港であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

市浦[村]の関連キーワードフィルム・コミッションFCW杯のチケット赤福二重被爆者ワッハ上方佐世保港と原子力艦院内会派本屋大賞が選ばれる仕組み京都市バスのバス停

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone