コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市町村の財政状況を判断する4指標

1件 の用語解説(市町村の財政状況を判断する4指標の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

市町村の財政状況を判断する4指標

いずれの基準も、自治体の標準的な税収と国からの普通交付税を合わせた「標準財政規模」に対する比率。(1)実質赤字比率は、普通会計の赤字比率で、早期健全化基準は11.25〜15%以上(財政規模で異なる)、財政再生基準は20%以上。(2)連結実質赤字比率は、普通会計に病院や下水道など公営事業会計を合わせた連結の赤字比率。健全化基準は16.25〜20%以上(同)、再生基準は30%以上。(3)実質公債費比率は、普通会計、公営事業会計に一部事務組合などを合わせた単年度の借金返済額が財政規模に占める割合。健全化基準は25%以上、再生基準は35%以上。(4)将来負担比率は、第三セクターなども含め、自治体が将来的に負担すべき借金の残高が財政規模の何倍かを示す。健全化基準は350%以上。

(2007-12-19 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市町村の財政状況を判断する4指標の関連キーワード自治体標準的早期健全化基準中高層共同住宅標準管理規約施肥基準地方交付税の不交付団体地方自治体財政健全化法と行政サービス連結実質赤字比率実質赤字比率将来負担比率

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone