コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布引き・布引 ぬのびき

1件 の用語解説(布引き・布引の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ぬのびき【布引き・布引】

布をさらすために、広げて引っ張ること。
平安時代、朝廷の相撲すまいの節会せちえなどで、左右の力士に布を引かせて力を競わせた行事。 「最手ほて出で来て-などするに/宇津保 俊蔭
人が引きも切らず続くこと。絶え間のないこと。 「其日は殊更聖廟の御縁日にて、参詣の貴賤-なりけるが/太平記 23

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone