コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布袋屋梅之丞(4代) ほていや うめのじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

布袋屋梅之丞(4代) ほていや-うめのじょう

?-? 江戸時代中期の歌舞伎の名代(なだい)。
3代布袋屋梅之丞の親族で,寛保(かんぽう)元年(1741)それまで休座していた布袋屋座の名代と家督をつぎ4代を襲名した。寛延2年以後の活動は不明。通称は作兵衛。なお以降の座主は未詳だが,布袋屋座は明治39年までつづき,松竹に売却されて南座と改称された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android