コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帆立貝・海扇 ほたてがい

大辞林 第三版の解説

ほたてがい【帆立貝・海扇】

海産の二枚貝。貝殻は丸みのある扇形で殻径約20センチメートル。殻頂の両脇に大きな耳状突起がある。殻表は一枚が紫褐色で、もう一枚は黄白色。両殻に各々約二五本の放射状の肋ろくがある。殻を激しく開閉させて泳ぐ。食用。大きな貝柱は特に美味。貝殻は貝細工用。本州東北地方以北に分布し、浅海の砂礫底にすむ。オウギガイ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

帆立貝・海扇の関連キーワード貝殻

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android