コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

希少糖と従来の甘味料

1件 の用語解説(希少糖と従来の甘味料の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

希少糖と従来の甘味料

「希少糖」は自然界にわずかしかない糖で、約50種類ある。何森特任教授が命名した。ガムなどで使うキシリトールもその一つ。一方、でんぷんから作るブドウ糖を、より甘い果糖に変成させる異性化糖」(果糖ブドウ糖液糖など)は、日本が世界で初めて大量生産に成功した。砂糖より安価で世界中に広がったが、近年、肥満との相関関係が指摘された。他に化学合成で作る「低カロリー甘味料」がある。

(2014-01-18 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

希少糖と従来の甘味料の関連キーワード自然物自然力少ない寸歩超自然斗米イズモリング希少糖少糖《自然界における人間の位置》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

希少糖と従来の甘味料の関連情報