帝位継承法[ロシア](読み)ていいけいしょうほう[ロシア](英語表記)Zakon o poryadke prestolonaslediya

  • ていいけいしょうほう
  • ロシア
  • 帝位継承法

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロシア皇帝ピョートル1世 (大帝)が発布した帝位継承に関する法。 1722年皇帝は血統的関係のみにとらわれず,みずから後継者を選定し,一度選定したのちでも,不適当と考えれば廃することができるということが決められた。ところがピョートルはその権利を行使せず死んだため,彼の死後,帝位の継承はしばしば政争を伴ってきた。パーベル1世は,母であるエカテリーナ2世 (大帝) と不和で,長年の間その継承者としての地位を奪われるのを恐れていたので,母の死後即位するとただちにピョートル1世の法を廃して新法をつくった (1797) 。帝位は父から男子に,男子がない場合には最年長の皇弟に伝えることを規定したもので,以後ロシアには女帝は出現しなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android