コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝位継承法[ロシア] ていいけいしょうほう[ロシア]Zakon o poryadke prestolonaslediya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帝位継承法[ロシア]
ていいけいしょうほう[ロシア]
Zakon o poryadke prestolonaslediya

ロシア皇帝ピョートル1世 (大帝) が発布した帝位継承に関する法。 1722年皇帝は血統的関係のみにとらわれず,みずから後継者を選定し,一度選定したのちでも,不適当と考えれば廃することができるということが決められた。ところがピョートルはその権利を行使せず死んだため,彼の死後,帝位の継承はしばしば政争を伴ってきた。パーベル1世は,母であるエカテリーナ2世 (大帝) と不和で,長年の間その継承者としての地位を奪われるのを恐れていたので,母の死後即位するとただちにピョートル1世の法を廃して新法をつくった (1797) 。帝位は父から男子に,男子がない場合には最年長の皇弟に伝えることを規定したもので,以後ロシアには女帝は出現しなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android