コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帝国とマルチチュード

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

帝国とマルチチュード

たとえばIMF、世界銀行、WTO。あるいは国際的なNGO、複合企業体、巨大メディア。グローバル化した世界はこうした「権力」が網の目のように広がり、巨大な秩序と主権を構成している。そこには国家のような政府も固有の領土もない――。思い切って簡略化すると、これがネグリと共著者のハートが生み出した概念「〈帝国〉」のイメージに近いだろうか。三部作の訳者の水嶋一憲大阪産業大教授らは、ローマ帝国など歴史上の帝国や帝国主義の帝国などと区別するため、〈帝国〉と表記している。その〈帝国〉に対抗する新しい民主主義の主体として、ネグリとハートが17世紀のオランダの哲学者スピノザから援用した概念が「マルチチュード」だ。「群衆」「多数」「多数性」などと訳されるが、ネグリの言う多様性の意味が出てこない。「多様な個の群れ」あるいは「多個群」という試訳もある。

(2012-01-04 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

帝国とマルチチュードの関連キーワードIMF債SDR国際通貨基金世界貿易機関IMF融資制度ガット(GATT)外国為替相場制度国際通貨問題全日本金属産業労働組合協議会貿易の技術的障害

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android