コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帯山与兵衛(4代) たいざん よへえ

1件 の用語解説(帯山与兵衛(4代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

帯山与兵衛(4代) たいざん-よへえ

?-? 江戸時代中期-後期の陶工。
天明(1781-89)のころ京都で帯山の名をつぎ,寛政のころ陶質の瑠璃(るり)地,堆朱(ついしゅ)様の器などをつくった。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

帯山与兵衛(4代)の関連キーワード藩学一覧鶴岡蘆水松平輝高伊丹椿園朋誠堂喜三二瀬川菊之丞ちっとそうもござるまい長松小僧天明田沼時代

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone