帰ってきたウルトラマン

デジタル大辞泉プラスの解説

帰ってきたウルトラマン

日本の特撮テレビ番組。円谷プロダクションによる「ウルトラシリーズ」作品のひとつ。1971~72年にかけて放映。全51話。出演は、団次郎、榊原るみほか。

帰ってきたウルトラマン

日本の特撮テレビ番組『帰ってきたウルトラマン』(1971~72)に登場する巨大変身ヒーロー。初代ウルトラマンと区別してこのように呼ぶ。劇中では単に「ウルトラマン」と呼ばれる。1984年の映画『ウルトラマンZOFFY ウルトラの戦士VS大怪獣軍団』の公開に先立ち「ウルトラマンジャック」に改称、以後この名称で呼ばれることが多い。初代ウルトラマンと区別し、「新マン」「帰マン」「ウルトラマンII世」などとも呼ばれる。M78星雲・光の国からやってきた宇宙人。怪獣攻撃隊MAT(マット)の隊員、郷秀樹が変身し、宇宙怪獣と戦う。主な武器・必殺技は、ウルトラブレスレット、スペシウム光線。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰ってきたウルトラマンの関連情報