コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰ってきたウルトラマン

2件 の用語解説(帰ってきたウルトラマンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

帰ってきたウルトラマン

日本の特撮テレビ番組。円谷プロダクションによる「ウルトラシリーズ」作品のひとつ。1971~72年にかけて放映。全51話。出演は、団次郎、榊原るみほか。

帰ってきたウルトラマン

日本の特撮テレビ番組『帰ってきたウルトラマン』(1971~72)に登場する巨大変身ヒーロー初代ウルトラマンと区別してこのように呼ぶ。劇中では単に「ウルトラマン」と呼ばれる1984年の映画『ウルトラマンZOFFY ウルトラの戦士VS大怪獣軍団』の公開に先立ち「ウルトラマンジャック」に改称、以後この名称で呼ばれることが多い。初代ウルトラマンと区別し、「新マン」「帰マン」「ウルトラマンII世」などとも呼ばれる。M78星雲・光の国からやってきた宇宙人。怪獣攻撃隊MAT(マット)の隊員、郷秀樹が変身し、宇宙怪獣と戦う。主な武器・必殺技は、ウルトラブレスレット、スペシウム光線。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帰ってきたウルトラマンの関連キーワードアストラウルトラQウルトラマンジャックウルトラマンII世ウルトラマンボーイ帰マン初代ウルトラマン初代マン新マンニセ・ウルトラセブン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帰ってきたウルトラマンの関連情報