常ノ花 寛市(読み)ツネノハナ カンイチ

20世紀日本人名事典の解説

常ノ花 寛市
ツネノハナ カンイチ

明治〜昭和期の力士(第31代横綱) 元・日本相撲協会理事長。



生年
明治29(1896)年11月23日

没年
昭和35(1960)年11月28日

出生地
岡山県岡山市西中山下

本名
山野辺 寛一

別名
年寄名=藤島,出羽海 秀光(デワノウミ ヒデミツ)

主な受賞名〔年〕
勲三等瑞宝章〔昭和35年〕

経歴
明治42年出羽海部屋に入門、43年初場所、大正6年新入幕。13年1月第31代横綱に昇進。昭和5年引退。通算成績221勝58敗8分6預。速攻の技能派力士で優勝10回、昭和初期の出羽海一門全盛時代の象徴だった。引退して2年、年寄藤島を襲名、のち7代目出羽海を継ぐ。春秋園事件後は取締役として難問に対処し、その後、相撲協会理事長に推され、戦中戦後の苦境を乗り切った。32年相撲協会のあり方が国会問題に発展したときは、国技館内で割腹自殺を図った。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

常ノ花 寛市 (つねのはな かんいち)

生年月日:1896年11月23日
明治時代-昭和時代の力士。横綱;相撲協会理事長
1960年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android