コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常伝導と超伝導

1件 の用語解説(常伝導と超伝導の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

常伝導と超伝導

独のリニアが採用した常伝導は、普通の電磁石で車両を浮かせるコストは安いが磁力が弱く、浮く高さは1センチ。路面との隙間が狭く、高速走行で車両を安定させる高い精度が求められる。磁力を高めるには電磁石が大量に必要で、車体が重くなる。超伝導は、強力な磁力を発生させる。JR東海のリニアは車両を10センチ浮かせ、地震で揺れても車両が路面に接触しにくいとしている。常伝導の磁石より速度が出るのも利点。ただ、手に入りにくい液体ヘリウムで零下269度に保つ必要があり、コストがかかる。

(2014-01-06 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常伝導と超伝導の関連キーワード超伝導磁石マクスウェルの電磁理論GCT常伝導常伝導体ケルビンの式(電磁気)ビオの法則(熱伝導)マクスウェルの電磁場方程式マクスウェル‐ヘルツの電磁方程式ローレンツ比

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常伝導と超伝導の関連情報