常光 浩然(読み)ツネミツ コウネン

20世紀日本人名事典の解説

常光 浩然
ツネミツ コウネン

昭和期の仏教家,ジャーナリスト



生年
明治24(1891)年5月12日

没年
昭和48(1973)年11月29日

出生地
広島県三次市

学歴〔年〕
東洋大学倫理学教育学科〔大正3年〕卒

主な受賞名〔年〕
仏教伝道文化賞(第3回)〔昭和43年〕

経歴
大正12年から15年にかけて東洋大学社会事業科幹事をつとめ、15年から昭和5年にかけて中山文化研究所理事となる。この間、3年から1年間アメリカ、ヨーロッパの宗教教育事情を視察する。5年東京中野に日米ホームを創立、16年まで在米日系人の子女を教育指導した。戦後は21年「仏教タイムス」を創刊、また世界仏教徒会議事務局長を務めた。30年仏教タイムス社を創立し、36年社長に就任。著書に「日本仏教渡米史」「ハワイ仏教史話」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

常光 浩然 (つねみつ こうねん)

生年月日:1891年5月12日
昭和時代の仏教家;ジャーナリスト。仏教タイムス社社長;世界仏教徒会議事務局長
1973年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android