常磐津小文字太夫(6代)(読み)ときわず こもじだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常磐津小文字太夫(6代) ときわず-こもじだゆう

1841-1872 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
天保(てんぽう)12年生まれ。常磐津節の4代常磐津文字太夫(豊後大掾(ぶんごのだいじょう))の子。はじめ三味線方だったが,文久元年太夫文中となり,明治2年6代を襲名した。明治5年11月13日死去。32歳。名は佐六。通称は佐六文中,左六小文字。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android