コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津小文字太夫(6代) ときわず こもじだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常磐津小文字太夫(6代) ときわず-こもじだゆう

1841-1872 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
天保(てんぽう)12年生まれ。常磐津節の4代常磐津文字太夫(豊後大掾(ぶんごのだいじょう))の子。はじめ三味線方だったが,文久元年太夫文中となり,明治2年6代を襲名した。明治5年11月13日死去。32歳。名は佐六。通称は佐六文中,左六小文字。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

常磐津小文字太夫(6代)の関連キーワード天保の改革スピロサイトスベルドラップ(Johan Sverdrup)日本郵便制度史(年表)ウィリアムHハリソンアストンエルメレンスサージェントファーブル-ブラントブラントン