コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津文字兵衛(2代) ときわず もじべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常磐津文字兵衛(2代) ときわず-もじべえ

1857-1924 明治-大正時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
安政4年生まれ。常磐津節の初代常磐津文字助の子。初代文字兵衛の弟子で初名は八百八(やおはち)。師の没後2代をつぐ。初代常磐津林中(りんちゅう),6代常磐津文字太夫,3代常磐津松尾太夫相三味線をつとめ,名人といわれた。大正5年隠居し松寿斎と号した。大正13年10月29日死去。68歳。江戸出身。本名は鈴木金太郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

常磐津文字兵衛(2代)の関連キーワードバンクロフトジョリー高校野球父を売る子フランス映画接触変成作用輝岩歌沢寅右衛門歌沢笹丸歌沢笹丸

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone