コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津文字兵衛(3代) ときわず もじべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常磐津文字兵衛(3代) ときわず-もじべえ

1888-1960 明治-昭和時代の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
明治21年12月15日生まれ。常磐津節の2代常磐津文字兵衛の長男。初名は八百八(やおはち)。大正5年3代を襲名。3代常磐津松尾太夫,その子常磐津千東勢太夫らの相三味線をつとめる。作曲もおおい。後名は文字翁。昭和28年芸術院会員。30年人間国宝。昭和35年8月6日死去。71歳。東京出身。本名は鈴木広太郎。作品に「椀久色神送(わんきゅういろがみおくり)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

常磐津文字兵衛(3代)の関連キーワード昭和時代浄瑠璃明治

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android