常磐津文字太夫(4代)(読み)ときわず もじたゆう

  • 常磐津文字太夫(4代) ときわず-もじたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1804-1862 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
文化元年生まれ。初代市川男女蔵(おめぞう)の次男。文政3年常磐津節の3代文字太夫未亡人の養子となり,3代小文字太夫。4代市川門之助をへて天保(てんぽう)8年4代文字太夫を襲名嘉永(かえい)3年豊後大掾(ぶんごのだいじょう)藤原昶光を名のる。万延元年立三味線の4代岸沢古式部と不和になり,古式部は独立した。文久2年閏(うるう)8月8日死去。59歳。江戸出身。号は松寿斎文中。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android