コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津文字太夫(5世) ときわずもじたゆうごせい

1件 の用語解説(常磐津文字太夫(5世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常磐津文字太夫(5世)
ときわずもじたゆうごせい

[生]文政5(1822)
[没]明治2(1869)
常磐津節の家元。4世常磐津文字太夫の養子。本名林之助。前名清元琴太夫。4世小文字太夫を経て,安政5 (1858) 年5世文字太夫を継いだが,のちに離縁。分家して6世兼太夫を名のる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

常磐津文字太夫(5世)の関連キーワード柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロブラガンサ朝藩学一覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone