コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津文字太夫(5世) ときわずもじたゆう[ごせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常磐津文字太夫(5世)
ときわずもじたゆう[ごせい]

[生]文政5(1822)
[没]明治2(1869)
常磐津節家元。4世常磐津文字太夫の養子。本名林之助。前名清元琴太夫。4世小文字太夫を経て,安政5 (1858) 年5世文字太夫を継いだが,のちに離縁。分家して6世兼太夫を名のる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

常磐津文字太夫(5世)の関連キーワード宇田川榕菴グラントボードイン治宮ミュラー柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android