コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津文字太夫(5代) ときわず もじたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常磐津文字太夫(5代) ときわず-もじたゆう

1822-1869 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
文政5年生まれ。はじめ清元をまなび琴太夫を名のる。天保(てんぽう)7年常磐津節の4代文字太夫の養子となり2代林之助と改名。4代小文字太夫をへて安政5年5代を襲名するが,のち離縁となり別家して6代兼太夫を名のった(新場の兼太夫)。明治2年2月29日死去。48歳。通称は越後茂兵衛。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

常磐津文字太夫(5代)の関連キーワード藩学一覧女性参政権柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロ