コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津文字太夫(5代)(読み)ときわず もじたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常磐津文字太夫(5代) ときわず-もじたゆう

1822-1869 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
文政5年生まれ。はじめ清元をまなび琴太夫を名のる。天保(てんぽう)7年常磐津節の4代文字太夫の養子となり2代林之助と改名。4代小文字太夫をへて安政5年5代を襲名するが,のち離縁となり別家して6代兼太夫を名のった(新場の兼太夫)。明治2年2月29日死去。48歳。通称は越後茂兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android