コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津文字太夫(6世) ときわずもじたゆうろくせい

1件 の用語解説(常磐津文字太夫(6世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常磐津文字太夫(6世)
ときわずもじたゆうろくせい

[生]嘉永4(1851)
[没]1930
常磐津節の家元。初め三味線方。太夫に転向して尾花,浪花太夫などと名のった。 1888年7世小文字太夫 (のちの林中) が離縁されたあと,家元文中 (4世文字太夫の庶子佐六の未亡人) の養子となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

常磐津文字太夫(6世)の関連キーワード農薬喜劇映画フランス映画ワールドカップチェコ文学リゴレットギュツラフ真葛長造気成電気

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone