常磐津文字太夫(6世)(読み)ときわずもじたゆう[ろくせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常磐津文字太夫(6世)
ときわずもじたゆう[ろくせい]

[生]嘉永4(1851)
[没]1930
常磐津節の家元。初め三味線方。太夫に転向して尾花,浪花太夫などと名のった。 1888年7世小文字太夫 (のちの林中) が離縁されたあと,家元文中 (4世文字太夫の庶子佐六の未亡人) の養子となった。8世小文字太夫を経て 1902年6世文字太夫,26年豊後大掾。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android