コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津文字太夫(6代) ときわず もじたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常磐津文字太夫(6代) ときわず-もじたゆう

1851-1930 明治-大正時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
嘉永(かえい)4年生まれ。三味線方から語りに転じ,浪花(なにわ)太夫を名のる。明治21年常磐津節の家元(6代小文字太夫)の未亡人の養子となる。8代小文字太夫をへて35年6代を襲名。大正15年引退,2代豊後大掾(ぶんごのだいじょう)を名のった。昭和5年2月15日死去。80歳。本名は常岡丑五郎。旧姓は真田。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

常磐津文字太夫(6代)の関連キーワード大正時代浄瑠璃嘉永

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android