コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常磐津文字太夫(7世) ときわずもじたゆう[ななせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

常磐津文字太夫(7世)
ときわずもじたゆう[ななせい]

[生]1896
[没]1951
常磐津節家元。6世常磐津文字太夫の養子。本名常岡鉱之助。6世文字太夫の義弟,小松太夫の次男。 1925年9世小文字太夫,翌年7世文字太夫を継いだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

常磐津文字太夫(7世)の関連キーワード新藤兼人樋口一葉斎藤寅次郎市川崑深刻小説木下恵介久松静児マキノ雅広トムソン(Sir Joseph John Thomson)ANZUS条約

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android