常陸山 谷右衛門(読み)ヒタチヤマ タニエモン

20世紀日本人名事典の解説

常陸山 谷右衛門
ヒタチヤマ タニエモン

明治・大正期の力士(第19代横綱)



生年
明治7年1月19日(1874年)

没年
大正11(1922)年6月19日

出生地
茨城県水戸市城東

本名
市毛 谷

別名
旧シコ名=御西山,年寄名=出羽ノ海(デワノウミ)

経歴
明治24年出羽海部屋に入門、25年夏場所初土俵(シコ名・御西山)。27年常陸山を襲名し、32年春場所入幕、34年大関、36年夏場所に全勝優勝して梅ケ谷とともに横綱となり、“梅・常陸時代”を築く。入幕後の成績は、32場所150勝15敗22分で勝率は9割を超える。優勝7回(優勝相当6回を含む)、32連勝がある。40年力士として初めて欧米視察に出かけルーズベルト大統領に会見し、大相撲の紹介につとめた。大正3年引退後は年寄出羽ノ海親方として、大錦・栃木山・常ノ花の3横綱をはじめ多くの名力士を育成した。“角聖”“御大”と呼ばれた。174センチ、146キロ。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

常陸山 谷右衛門 (ひたちやま たにえもん)

生年月日:1874年1月19日
明治時代の力士(第19代横綱)
1922年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

常陸山 谷右衛門の関連情報