コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常陽銀行[株] じょうようぎんこう

百科事典マイペディアの解説

常陽銀行[株]【じょうようぎんこう】

茨城県を地盤とする地銀上位行。1935年常磐銀行と五十銀行が合併し,常陽銀行として設立。〈一県一行主義〉政策に従い,茨城県下の銀行を吸収合併・買収。1942年県下唯一の普通銀行となる(現在は関東つくば銀行等あり)。
→関連項目第百生命保険[相互会社]日本火災海上保険[株]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

常陽銀行[株]の関連キーワード東京三菱銀行[株]日本火災海上保険

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android