コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幣制改革[中国] へいせいかいかく[ちゅうごく]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幣制改革[中国]
へいせいかいかく[ちゅうごく]

中国における通貨制度の改革,特に 1935年国民政府によって行われた改革をさす。 1930年代初め,中国は銀価の高騰,銀の大量流出,激しいインフレーションに直面したため,国府は 35年9月イギリス政府に F.リースロス財政顧問として派遣するよう求め,リース=ロスに幣制改革の案を練らせ,11月幣制改革を実施した。その内容は,政府系3銀行 (のち,4銀行となる) の銀行券のみを法幣として流通させる,他銀行の銀行券は一定期限後流通を禁止するなどであった。国府の財政はこれにより改善され,全国の経済的統一が推進され,日中戦争中の財政処理が可能になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

幣制改革[中国]の関連キーワード検察官(司法)ペルチナクスペルティナクス山田哲人コンモドゥスペルティナクスセウェルスディディウス・ユリアヌス監査セプティミウス・セウェルス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android