コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干反り・乾反り ひぞり

大辞林 第三版の解説

ひぞり【干反り・乾反り】

乾いてそること。また、そのそり。 「 -のした蓋を開けて/奇遇 四迷
すねること。怒ること。 「 -の文ぢや/浄瑠璃・新版歌祭文」
ひあがること。貧乏すること。 「宇八どのも永々の-、貧のぬすみに恋の歌とは/浮世草子・御入部伽羅女」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

干反り・乾反りの関連キーワード新版歌祭文浮世草子

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android