平凡社[株](読み)へいぼんしゃ

  • 平凡社

百科事典マイペディアの解説

1914年下中弥三郎が創立した出版社。昭和初期の《現代大衆文学全集》全60巻などを経て,1931年〜1935年《大百科事典》全28巻を刊行,事典出版社として名を高めた。第2次大戦後林達夫編集長による《世界大百科事典》,《国民百科事典》,加藤周一編集長による新《世界大百科事典》,1963年から月刊誌《太陽》,叢書〈東洋文庫〉,1993年からペーパーバック・シリーズ〈平凡社ライブラリー〉を,1999年から〈平凡社新書〉を刊行。1996年日立製作所との合弁会社〈日立デジタル平凡社〉を設立し,百科事典のデジタル化を行う(デジタル百科事業は,2000年より日立システムアンドサービス(現日立ソリューションズ)が継続)。
→関連項目谷川健一

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1914年創業の出版社。下中芳岳(弥三郎)編著《ポケット顧問 や,此は便利だ》を刊行して以来,戦前・戦後を通して〈百科事典の平凡社〉と呼ばれてきた。23年株式会社となり下中弥三郎が代表取締役に就任,《尾崎行雄全集》《大西郷全集》で基礎を固め,円本ブームにのって27年《現代大衆文学全集》を打ち出し,つづいて《世界美術全集》《社会思想全集》ほか二十数種の全集を刊行,28年創刊の雑誌《平凡》では失敗したが《大百科事典》全28巻(1931‐35)で苦境を乗り切り,34‐36年《大辞典》全26巻を刊行した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の平凡社[株]の言及

【下中弥三郎】より

平凡社の創業者。教育運動,労働運動,農民運動の指導者でもあった。…

【百科事典】より

…この百科事典は,明治時代の日本文化を集約したものとして,また高い見識と良心的な編集で高く評価され,日本の百科事典の歴史を画した。三省堂に次いで冨山房も《日本家庭百科事彙》2巻(1906)を出版したが,ようやく基盤が形成された市民社会を背景に,新しい百科事典の出版を計画したのが平凡社であった。独学で学んだ社主下中弥三郎は,万人の自学の手段として完備した百科事典を構想し,31年に刊行を開始した《大百科事典》全28巻(1935完結)は,初めて〈辞典〉ではなく〈事典〉という言葉を用い,日本の百科事典としての視点も明確にした編集で,第2次大戦前の日本文化の到達点を示すものであった。…

※「平凡社[株]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android