コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平城遷都1300年記念事業

1件 の用語解説(平城遷都1300年記念事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

平城遷都1300年記念事業

通称、奈良1300年祭。710年に藤原京(奈良県橿原市)から都を移されて1300年になるのを祝う。97年に柿本知事(当時)らが中心となって「平城遷都1300年を考える奈良の会」を設立した。05年、秋山喜久関西経済連合会会長(同)を会長に迎え、記念事業協会が発足。同県を訪れる観光客が88年の4千万人をピークに3500万人前後まで減少するなか、県などは「奈良経済再生の起爆剤に」と期待する。

(2007-09-19 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

平城遷都1300年記念事業の関連キーワードセーフティズーム韋后韋后韋后慰謝料条坊制奈良時代シャハブ3弾道ミサイルアジアゾウの減少小崎正義

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平城遷都1300年記念事業の関連情報