コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平山 嵩 ヒラヤマ タカシ

20世紀日本人名事典の解説

平山 嵩
ヒラヤマ タカシ

昭和期の建築家 平山建築研究所長;東京大学名誉教授;東洋大学名誉教授。



生年
明治36(1903)年2月15日

没年
昭和61(1986)年11月20日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京大学建築学科〔大正15年〕卒,マサチューセッツ工科大学大学院修了

学位〔年〕
工学博士

主な受賞名〔年〕
日本建築学会賞学術賞〔昭和14年〕,勲二等瑞宝章〔昭和48年〕,日本音響学会功績賞〔昭和54年〕,日本建築学会大賞〔昭和54年〕

経歴
大蔵省営繕管財局に入り、国会議事堂の室内意匠、音響設計などに従事したのち、昭和5年東大講師となる。6年助教授を経て、15年教授に就任。38年退官。著書に「建築設計理論」「標準住宅論」「厚生住宅」、作品に「日立市小平会館」「山王病院」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android