平山 嵩(読み)ヒラヤマ タカシ

20世紀日本人名事典の解説

平山 嵩
ヒラヤマ タカシ

昭和期の建築家 平山建築研究所長;東京大学名誉教授;東洋大学名誉教授。



生年
明治36(1903)年2月15日

没年
昭和61(1986)年11月20日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京大学建築学科〔大正15年〕卒,マサチューセッツ工科大学大学院修了

学位〔年〕
工学博士

主な受賞名〔年〕
日本建築学会賞学術賞〔昭和14年〕,勲二等瑞宝章〔昭和48年〕,日本音響学会功績賞〔昭和54年〕,日本建築学会大賞〔昭和54年〕

経歴
大蔵省営繕管財局に入り、国会議事堂の室内意匠、音響設計などに従事したのち、昭和5年東大講師となる。6年助教授を経て、15年教授に就任。38年退官。著書に「建築設計理論」「標準住宅論」「厚生住宅」、作品に「日立市小平会館」「山王病院」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android