コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平戸オランダ商館

1件 の用語解説(平戸オランダ商館の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

平戸オランダ商館

オランダ東インド会社が、東アジアにおける貿易拠点とした。1609年、平戸港に土蔵つきの住宅1軒を借り、1612年ごろから海岸を埋め立てて住宅や倉庫、井戸、果樹園などをつくった。だが、江戸幕府の鎖国令に伴い、1641年に長崎出島(長崎市)へ移転した。商館跡地は1922年、鎖国前の海外交流を示す重要な史料として、国の史跡に指定された。平戸市は87年から、跡地の史料調査や発掘を進めてきた。市文化遺産課の萩原博文課長は、商館があった33年間を「白人に黒人に東南アジア人、色んな人種の人たちが暮らしていた。平戸の最も輝かしい時代」と説明する。

(2008-11-14 朝日新聞 朝刊 長崎 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平戸オランダ商館の関連情報