平林 せん(読み)ヒラバヤシ セン

20世紀日本人名事典の解説

平林 せん
ヒラバヤシ セン

大正・昭和期の労働運動家



生年
明治41(1908)年6月6日

没年
昭和15(1940)年2月

出生地
長野県諏訪郡中洲村(現・諏訪市)

経歴
小学校を卒業後、製糸工場の女工となる。この頃、東京女子大学社会主義活動をしていた母の従妹・伊藤千代子の影響を受けて社会主義に開眼した。のち上京し、日本労働組合評議会の事務所に勤務。昭和3年共産党に入党。日本共産党が信越地方の組織化をはかると、河合悦三らとともに新潟へ派遣され、機関誌「赤色信越」を発行した。しかし、同年3月の三・一五事件で検挙され、4年に執行猶予附きで釈放。その後は日本労働組合全国協議会(全協)繊維長野支部の結成に奔走し、逮捕された同志の救命にも尽力した。7年頃再び上京し、全協婦人部で活躍。9年には同じく全協所属の間弓信吾と結婚するが、間もなく結核に冒され、31歳で死去した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android