平沼 亮三(読み)ヒラヌマ リョウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

平沼 亮三
ヒラヌマ リョウゾウ

大正・昭和期の実業家,政治家,スポーツ功労者 横浜市長;衆院議員(立憲民政党);日本体育協会名誉会長。



生年
明治12(1879)年2月25日

没年
昭和34(1959)年2月13日

出生地
神奈川県横浜市西区平沼

学歴〔年〕
慶応義塾大学〔明治31年〕卒

主な受賞名〔年〕
文化勲章〔昭和30年〕

経歴
幼少からスポーツが好きで26種目をこなし、慶応普通部で野球部選手。明治36年横浜市議、44年神奈川県議、大正4、13年衆院議員、昭和7年貴院議員、26年から横浜市長2期。財界では古河電気、麒麟麦酒、玉川電鉄、横浜ゴムなどの重役を歴任。かたわら大正4年大日本体育協会理事、14年全日本陸上競技連盟を創立、会長。同年体協副会長、昭和5年全日本体操連盟会長。7年ロサンゼルス五輪、11年ベルリン五輪の日本選手団長。また大正3年慶応野球部の米国遠征引率、14年東京六大学野球連盟結成時に副会長、のち会長を務めた。戦後昭和20年体協会長、21年公職追放、解除後27年体協名誉会長。30年の第10回神奈川国体に横浜市長として77歳の高齢で聖火リレー最終ランナーを務めた。54年野球殿堂入り。著書に「スポーツ生活六十年」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

平沼 亮三
ヒラヌマ リョウゾウ


肩書
横浜市長,衆院議員(立憲民政党),日本体育協会名誉会長

生年月日
明治12年2月25日

出生地
神奈川県横浜市西区平沼町

学歴
慶応義塾大学〔明治31年〕卒

経歴
幼少からスポーツが好きで26種目をこなし、慶応普通部で野球部選手。明治36年横浜市議、44年神奈川県議、大正4、13年衆院議員、昭和7年貴院議員、26年から横浜市長2期。財界では古河電気、麒麟麦酒、玉川電鉄、横浜ゴムなどの重役を歴任。かたわら大正4年大日本体育協会理事、14年全日本陸上競技連盟を創立、会長。同年体協副会長、昭和5年全日本体操連盟会長。7年ロサンゼルス五輪、11年ベルリン五輪の日本選手団長。また大正3年慶応野球部の米国遠征引率、14年東京六大学野球連盟結成時に副会長、のち会長を務めた。戦後昭和20年体協会長、21年公職追放、解除後27年体協名誉会長。30年の第10回神奈川国体に横浜市長として77歳の高齢で聖火リレー最終ランナーを務めた。54年野球殿堂入り。著書に「スポーツ生活六十年」。

受賞
文化勲章〔昭和30年〕

没年月日
昭和34年2月13日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

平沼 亮三 (ひらぬま りょうぞう)

生年月日:1879年2月25日
大正時代;昭和時代の政治家;スポーツ功労者。衆議院議員;日本体育協会会長
1959年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android