コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平泉と浄土思想

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

平泉と浄土思想

東北地方では11世紀、戦乱が続いた。奥州藤原氏の初代清衡は「戦乱で命を失った人たちの魂が浄土に導かれるように」と祈り、中尊寺金色堂を建てた。金色堂は阿弥陀如来の住む極楽浄土を、毛越寺薬師如来が住む浄土を表そうとした。

(2011-06-26 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android