平田 敬一郎(読み)ヒラタ ケイイチロウ

20世紀日本人名事典「平田 敬一郎」の解説

平田 敬一郎
ヒラタ ケイイチロウ

昭和期の大蔵官僚 元・大蔵事務次官;元・日本開発銀行総裁。



生年
明治41(1908)年9月5日

没年
平成4(1992)年5月22日

出生地
長崎県

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部〔昭和6年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等瑞宝章〔昭和53年〕

経歴
昭和6年大蔵省に入り主税畑を歩く。戦後経済安定本部、物価庁に出向ののち大蔵省に戻り、22年から主税局長。24年5月来日したシャウプ使節団と折衝、25年シャウプ勧告による税制改善実施の中心となった。27年国税庁長官、30年大蔵事務次官。32年日本開発銀行副総裁、38〜42年総裁。49年地域開発振興公団総裁。その他経済審議会、産業構造審議会などの委員を歴任した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「平田 敬一郎」の解説

平田 敬一郎 (ひらた けいいちろう)

生年月日:1908年9月5日
昭和時代の官僚。大蔵事務次官;日本開発銀行総裁
1992年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android