平舘[村](読み)たいらだて

世界大百科事典 第2版の解説

たいらだて【平舘[村]】

青森県北西部,東津軽郡の村。人口2533(1995)。津軽半島北東端に位置し,平舘海峡を隔てて下北半島に対する。津軽山地支脈をなす津軽半島最高峰の丸屋形岳(718m),袴腰岳などの山地海岸に迫り,村域の95%を山林が占める。集落は海岸を通る旧松前街道(現,国道280号線)に沿って分布し,中心の平舘をはじめ街村をなす。陸奥湾の出入口を扼する平舘には,近世末に異国船警備のため弘前藩の台場が置かれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android