コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平舘[村] たいらだて

世界大百科事典 第2版の解説

たいらだて【平舘[村]】

青森県北西部,東津軽郡の村。人口2533(1995)。津軽半島北東端に位置し,平舘海峡を隔てて下北半島に対する。津軽山地支脈をなす津軽半島最高峰の丸屋形岳(718m),袴腰岳などの山地が海岸に迫り,村域の95%を山林が占める。集落は海岸を通る旧松前街道(現,国道280号線)に沿って分布し,中心の平舘をはじめ街村をなす。陸奥湾の出入口を扼する平舘には,近世末に異国船警備のため弘前藩の台場が置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平舘[村]の関連キーワードルキウス1世ガルスアンティオコス[2世]アエミリアヌスガリエヌスコルネリウス紫外線ランプノウァチアヌス横領罪破産免責

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android