コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平舘[村] たいらだて

1件 の用語解説(平舘[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たいらだて【平舘[村]】

青森県北西部,東津軽郡の村。人口2533(1995)。津軽半島北東端に位置し,平舘海峡を隔てて下北半島に対する。津軽山地の支脈をなす津軽半島最高峰丸屋形岳(718m),袴腰岳などの山地が海岸に迫り,村域の95%を山林が占める。集落は海岸を通る旧松前街道(現,国道280号線)に沿って分布し,中心の平舘をはじめ街村をなす。陸奥湾の出入口を扼する平舘には,近世末に異国船警備のため弘前藩の台場が置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平舘[村]の関連キーワード青函トンネル津軽国定公園外ヶ浜鰺ヶ沢今別いまべつこどまりたいらだてつるたみんまや

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone