平賀 義美(読み)ヒラガ ヨシミ

20世紀日本人名事典の解説

平賀 義美
ヒラガ ヨシミ

明治・大正期の応用化学者,実業家 大阪実業協会会長。



生年
安政4年9月18日(1857年)

没年
昭和18(1943)年3月2日

出生地
筑前国(福岡県)

旧姓(旧名)
石松

学歴〔年〕
東京大学化学科〔明治11年〕卒,イギリス・オーエンス大学

経歴
明治3年福岡藩の貢進生として大学南校(東京大学の前身)に入学。ここで理化学に関心を持ち、イギリス人化学者アトキンソンの指導を受けた。11年に東京大学化学科を卒業ののちイギリスのオーエンス大学に留学、有機化学者ショーレンマーに師事し、有機化学と染色の研究に従事した。次いで現場実習としてジョン・ニュートン社で染色術を修めた。14年に帰国後、東京職工学校教諭を経て23年農商務省技師となり、織物染色の改良と指導に当たる。27年大阪府立商業陳列所長に就任、29年には大阪織物会社を創立。また、各種の博覧会で委員を務めたり、後進の指導にも力を注ぐなど染色織物工業の発展・普及に力があった。大正6年大阪実業協会会長。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android