コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年ノ市 としノいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年ノ市
としノいち

歳の市とも書く。元来近世に始った正月行事に用いる品物を売るための市。江戸の深川八幡宮市 (12月 14,15日) のように神社を中心に行われた。最近ではデパートや一般の小売店が行う年末売出しのことをいい,このように性格が変化したのは明治以後のことである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

年ノ市の関連キーワードクラスノトゥリインスククラスノウラリスクスベトロゴルスクアルトドルファークラスヌイスリンクラスノカムスクランツクルーナ神戸市立博物館シャドリンスクソスノゴルスクジュコフスキーコリチューギノラメンスコエソリゴルスクアルセニエフウスチクートジョインビレオスタシコフハルツイスクこだいちゃん

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android