年・歳(読み)とし

大辞林 第三版の解説

とし【年・歳】

時間を測る単位。太陽暦では地球が太陽の周りを一周する時間。平均365.2422日で、平年を365日とし、4年ごとに1日加えて閏うるう年として補正する。太陰暦では月が地球の周りを一二周する時間。大の月と小の月を組み合わせたり、閏月を加えたりするので、1年の日数は一定ではない。暦年。 → ねん(年)
ある年次の1月1日から12月31日まで。一年間。 「 -の始め」 「今年は辰の-だ」 「 -の暮れ」
年齢。よわい。 「一〇歳も-が違う」
相当の年齢。年輩。 「亀の甲より-の劫」
老齢。老年。高齢。 「もう-だ」 「つくづく自分の-を感ずる」
穀物、特に稲のこと。また、穀物の実ること。 「かくしあらば言挙ことあげせずとも-は栄えむ/万葉集 4124
季節。時候。時節。 「 -いとおそき年にて、三月かみの十日ばかり花盛りなり/宇津保 国譲下

とせ【年・歳】

( 接尾 )
助数詞。年数を数えるのに用いる。 「ひと-」 「百もも-」 「千-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年・歳の関連情報