コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年号入りの刀剣

1件 の用語解説(年号入りの刀剣の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

年号入りの刀剣

「中平」銘大刀は1961年、東大寺山古墳の発掘で見つかった。中国製品とされるが、柄頭は日本製に取り換えられている。後漢代(25~220年)の年号を刻む刀剣類は、本場中国でも江蘇省出土の建初2(77)年銘や山東省出土の永初6(112)年銘など数少ない。このほか、日本の古墳で出土した年号入りの刀剣類は、471年とされる「辛亥年」を金象眼した稲荷山古墳(埼玉県)の鉄剣などが有名。

(2011-06-07 朝日新聞 朝刊 福岡全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年号入りの刀剣の関連キーワード岩戸山古墳稲荷山古墳大山古墳作山古墳造山古墳井手山古墳群江良西の山古墳片山古墳群多々良寺山古墳群丸山古墳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone