年寄り・年寄(読み)としより

大辞林 第三版の解説

としより【年寄り・年寄】

年を取っている人。老人。
武家で、政務にあずかる重臣。室町幕府の評定衆・引付衆、江戸幕府の老中、大名の家老など。
江戸時代、農村で、名主・庄屋を補佐する村役人。組頭くみがしら
江戸時代、江戸で、町名主の上にあって市政をあずかるもの。
相撲で、引退した力士・行司などで年寄株をもち、相撲協会の運営や、各部屋における力士の養成にあたる者。日本相撲協会評議員。
[句項目] 年寄りの冷や水

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android