年金の受給資格

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

年金の受給資格

老後の生活資金の核となる老齢年金をもらうには、計300月(25年)以上の保険料の納付済み期間か免除期間が必要。20歳から60歳になるまでが強制加入で、期間が足りない場合は65歳になるまでは任意で加入できる。1965年4月1日以前に生まれた人に限っては70歳になるまで任意加入でき、足りない期間の保険料を納められる。65歳以上の無年金者は42万人(07年の旧社会保険庁推計)いる。

(2010-12-10 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年金の受給資格の関連情報