年金の受給開始年齢

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

年金の受給開始年齢

いまは原則65歳で、60歳から70歳の間で選べる。66歳以降への繰り下げを選択した場合は、1カ月ごとに毎回の受給額は0.7%ずつ増え、70歳からにすると42.0%増える。 逆に65歳になる前に繰り上げると、1カ月早めるごとに0.5%減り、60歳から受給した場合は、65歳から受給するより受給額が30%減ることになる。 財政制度等審議会で4月、支給開始年齢を68歳に引き上げる概念図が示されたが、討論会での言及はなかった。首相案は選択できる年齢を引き上げるもので、財政審の検討とは別内容だ。

(2018-09-15 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年金の受給開始年齢の関連情報