コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年金の税方式と社会保険方式

1件 の用語解説(年金の税方式と社会保険方式の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

年金の税方式と社会保険方式

税方式は年金支給にかかる費用をすべて税で賄う。民主党は税方式の「最低保障年金」を掲げている。これと、現役時代に所得に応じて支払った保険料に比例してもらえる「所得比例年金」を組み合わせ、誰もが月7万円以上もらえるようにする。所得が多く、所得比例年金が多い人ほど最低保障年金を減額し、一定の所得を超えるともらえなくなる。現行制度の土台部分となっている「基礎年金」は保険料で賄うことを軸とした社会保険方式。現制度は保険料に税を組み合わせて賄っている。税の割合は3分の1だったが、少子高齢化で現役世代の保険料負担が重くなったため2009年度に2分の1に引き上げた。基礎年金は40年間保険料を払い続けた満額の人で月6万6千円。

(2011-01-15 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

年金の税方式と社会保険方式の関連キーワードイニシャルコスト国債費物流コスト入費非課税後処理費用外税方式生命年金Room and Board負債コスト

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone