コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幹細胞と分化

1件 の用語解説(幹細胞と分化の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

幹細胞と分化

幹細胞とは、木の幹から枝が分かれるように、様々な細胞に分化する能力を持ちながら増える細胞をいう。神経や心筋などあらゆる細胞になるiPS細胞ES細胞のほか、皮膚や骨髄などにも、限られた細胞になる幹細胞がある。私たちの体は、1個の受精卵が分裂して増え、約60兆個もの細胞からできている。受精卵が分裂して100個ほどの細胞の塊になったところでバラバラにしたのがES細胞。塊が成長するにつれて分化能力が失われ、皮膚の幹細胞は皮膚組織に、血液の幹細胞は血液になどと、特定の組織にしかなれなくなる。iPS細胞は、もう分化しないはずとされている皮膚などの体細胞に、ES細胞に特徴的に働いている遺伝子を入れ、人工的につくる。受精卵を壊さずにすみ、従来の倫理的問題をクリアした。

(2007-12-31 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幹細胞と分化の関連キーワード岐路骨髄幹細胞体性幹細胞枝分れ組織幹細胞α細胞胸腺細胞胚幹細胞胚性幹細胞(ES細胞)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone