幹細胞移植(読み)かんさいぼういしょく

大辞林 第三版の解説

かんさいぼういしょく【幹細胞移植】

治療または治療による副作用の緩和のために、幹細胞を移植すること。白血病などの血液系疾患の患者、あるいは抗癌こうがん剤を投与され白血球が減少した患者に対して、造血機能を高めるために行う骨髄幹細胞移植などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幹細胞移植の関連情報