幹細胞移植(読み)かんさいぼういしょく

大辞林 第三版の解説

かんさいぼういしょく【幹細胞移植】

治療または治療による副作用の緩和のために、幹細胞を移植すること。白血病などの血液系疾患の患者、あるいは抗癌こうがん剤を投与され白血球が減少した患者に対して、造血機能を高めるために行う骨髄幹細胞移植などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幹細胞移植の関連情報