コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幾世餅・幾世餠 いくよもち

大辞林 第三版の解説

いくよもち【幾世餅・幾世餠】

江戸両国の名物餅。餅をさっと焼いてあんを付けたもの。元禄(1688~1704)の頃、小松屋喜兵衛が妻幾世の名をつけて売り出した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報